中堅中小企業の経営基盤改革術
ニュース
» 2008年06月25日 08時00分 公開

中堅中小企業の経営基盤改革術:SaaS over NGNが中小企業IT化の鍵に (3/4)

[林雅之,ITmedia]

企業情報をNGNの回線で認証する

 5月、総務省の「ユビキタス特区」事業において、「企業ディレクトリ」に関する実証実験を実施することが明らかになった。企業ディレクトリとは、電話番号、企業名、所在地、設立年月日の4つの基本情報中心にデータベースを構築し、電話番号をIDとして認証する仕組みである。さらにNGN上に財務会計や電子決済などのプラットフォームを連携することにより、金融機関との取引や融資を受ける仕組みも可能になる。ここでNGNの役割が試されることになるであろう。

ユビキタス特区の実証事業イメージ(出所:総務省「ICTによる生産性向上戦略 2008/5/9」)

電子手形の利用促進をNGNが後押しをするか

 2007年6月、電子手形の取引を認める「電子記録債権法」が成立した。政府は2008年12月をめどに施行する方針だ。企業がインターネットを通じて債権を売買できるようになり、大企業と中小企業間の取引が活発化し、資金繰りに苦しむ中小企業を後押しする新たな市場が生まれると期待されている。

 しかし、電子手形の利用においては、インターネット上に金額、支払い期日、債権者名などの重要度の高い情報が流れる。インターネット上ではなく、NGN上で電子手形の取引が行えるようになれば、電子取引が一気に加速する可能性もあるだろう。

オススメ関連記事 -PR-

「手軽に導入できるSAP」を中堅企業に届ける

「SAPはハードルが高い」というイメージが払拭されつつある。長期的な費用を考慮すると、SAPは実は安価と考え、SAP Business All-in-Oneを導入する中堅企業が増えている。SAPが提供する実現機能確認シートに注目だ。一覧をチェックすれば購入前に費用の詳細が分かる。機能追加の際の費用も「見える化」できる。


なぜSAP ERPを導入するのか――女性衣料品通販ピーチ・ジョンの場合

ピーチ・ジョンは、女性向け下着などのカタログ通販で人気を集める。ピーチ・ジョンが、2009年の稼働を目指してSAP ERP導入プロジェクトに取り組んでいる。ネット販売店舗が急拡大し、継ぎ足すように対応してきたシステムをSAPでどう変えていくのか。2007年11月のワコールの完全子会社化に伴い内部統制強化も課題となっている。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ