ニュース
» 2009年01月15日 02時01分 公開

QtのLGPL採用を受けQt市場に動きが

NokiaがQtのライセンスにLGPLを追加すると宣言したことを受けて、国内でもSRAがQtのビジネス体制強化を発表した。

[ITmedia]

 SRAは1月14日、C++で記述されたGUIフレームワーク「Qt」のビジネス体制強化を発表した。これは、フィンランドのNokiaがQtのライセンスにLGPL(Lesser General Public License)を追加すると宣言したのを受けてのもの。

 従来は有償ライセンス(CommercialLisence)とGPL(GNU General Public License)の2つのライセンス形態で配布されていたQt。GPL版では独自開発部分のソースコードも公開する必要があり、これがQtの伸び悩んでいた要因の1つだった。

 Qtの最新版であるバージョン4.5でLGPLが追加されたことで、Qt自体に改変を加えない場合は独自開発部分のソースコードの公開を強制されることなくビジネスを展開できるため、Qtの採用が促進されるとみられている。

 今回SRAでは、従来のサポートサービスに加え、LGPL版のサポートサービスも開始した。併せてQt関連のビジネスを推進していく意向で、TRON系OSへのQt移植の検討や日本のニーズに対応したパッケージおよびサービスの開発も検討しているという。同社は2009年度のQt関連ビジネスの売り上げを10億円と計画している。

関連キーワード

SRA | Nokia(ノキア)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -