ニュース
» 2009年01月15日 16時50分 公開

米Marketcetera、OSSの金融取引プラットフォームをリリース

オープンソースの金融取引プラットフォームが発表された。財務機能をコントロールするツールやデータベース管理ツール、カスタマイズサービスで構成される。

[末岡洋子,SourceForge.JP Magazine]
SourceForge.JP Magazine
Marketcetera Automated Trading Platformの構成図(出典:Marketcetera)

 米Marketceteraは米国時間の1月14日、オープンソースの金融取引プラットフォームMarketcetera Automated Trading Platform 1.0」を発表した。金融財務業界初のオープンソースのトレードプラットフォームという。

 MarketceteraのAutomated Trading Platformは、トレーダー、ヘッジファンドマネジャー、ブローカー、ディーラー向けのトレードプラットフォーム。バージョン1は正式版としてリリースされており、財務機能のコントロールや監視をする視覚ツール「Photon」、オーダールーティングとデータベース管理の「Marketcetera Trading Server」、ロジックや統合ツールなどのカスタマイズサービスの3つで構成される。

 正式版では、イベント処理エンジン「Complex Event Processing(CEP)」を統合し、ユーザーインタフェースも強化した。APIでは、JavaとRubyをサポートし、発注、マーケットデータ、実行リポートなどのAPIを追加した。また、既存のITインフラとの統合を容易にし、パフォーマンスと拡張性も改善したという。

 ライセンスはGNU General Public License Version 2(GPLv2)を採用、同社Webサイトからダウンロードできる。

関連キーワード

オープンソース | 運用管理 | Java | Ruby


Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -