インタビュー
» 2009年01月30日 12時00分 公開

学歴無し、社員経験無しからの出発オルタナティブな生き方(2/2 ページ)

[土肥可名子,ITmedia]
前のページへ 1|2       

痛恨……。学歴ないぞ俺

 90年代後半、インターネットはまだ一般に普及していなかったし、ホームページ制作という仕事もそれをやっている会社も、まだあまり存在していなかった。この時代にボクが仕事をもらえたのは、専門学校の講師をしていたことが大きかったんじゃないかと思います。学校で教えている人だし、この人に聞けば安心なんじゃないの、と。

佐々木康彦さん ブロガー講演中の佐々木さん

 これも本当にツイていると思うのですが、普通に仕事をしていたら絶対知り合うようなことがないような、研究所や大学院の研究者を知り合いに紹介してもらうことがよくあります。みなさんが「自分は××の研究に従事していて、発言する権利を有する」と自信を持っておっしゃるのが、ボクはとてもうらやましかった。長年コツコツと研究してきた積み重ねがあって、その技術が一般化したいま、自分には発言する権利があるんだと。ボクはこの分野で教える仕事はしているけれど、彼らのように学んできてはいない。自分もきちんとしたバックボーンがあってこの仕事ができたらいいのになぁ、と思ったりしました。

サボりがバレル? 私にとってのオルタナブログ

 オルタナティブ・ブログは、雑感記事が書けるのが第1のメリットですね。素直にうれしいです。これについては、ブログのサブタイトル「感覚人間の思いつき」というのが功を奏したかなと思います。それなりの人数の方にアクセスをいただいているのも、うれしいです。ボクにとってはライブに近い感覚かもしれません。コメントは付いてないけど、あの人はきっとこの記事を読んで、ニヤニヤしているだろうな、などと考えるのが楽しいんです。

 毎日まとまった文章を書くことは、企画立案や文書をまとめる訓練になりますし、ニュースに触れてそれを記事にしていることが仕事にもつながります。ニュースだけでなく、書籍や映画などいろいろな情報に触れるようになり、自分も成長しているという実感があります。実際、講演などの依頼も来るようになりました。やはりITmediaというバリューのある媒体で書いていることで、読者にそれなりの信頼感を持っていただいているのだと思います。

 ブログを書くことは、基本的にいいことばかりなんですけど、毎日更新していると周りに暇だと思われるんですよね(笑)。コメントを昼間の時間に付けようものなら、完全にサボっていると思われちゃう。だからボクは昼間はコメントを付けません。取引先から「ブログ書いているヒマがあったらウチの仕事しろ〜」と言われないように、あきれられないように気を付けてます(笑)。

 社長がブログでこういうこと書いてたじゃないかと取引先からいわれる可能性もあるので、社員にもボクのブログは読んでおくようにいってます。ブログで書いたことは、会社として共通認識にするようにしてますね。

 ドリカムのバックバンドとして、デビューコンサートからアルバム300万枚セールスを記録したツアーまで参加できたことは、ボクにとってかけがえのない経験です。もう1回同じような体験をしようと思っても、こんなスゴイ体験はそうそうできることではない。そう思うとある意味踏ん切りがついたので、まったく違うIT業界に来ることができたのだと思います(当人注:サポートミュージシャンとしての活動は停止しておりますが、音楽制作は会社の営業品目として現在も取り組んでおります)。

 青森のド田舎から上京して25年程が経過して、これはお話しようか迷っていたのですが実は先日家を建てたんですね。バンドデビューとかミュージシャンという、まったく実現可能性が見えない職業に憧れて田舎から出てきた人間が、4畳半ひと間のオンボロアパート暮らしからスタートして、いろいろやってきたことの積み重ねとして1つ形に残せたという想いがあって、自分としてはちょっとした区切りをつけることができたのかな、と感じています。

 このことをうけて自分の中に少し変化がありまして、それは当然会社をちゃんと経営していく事が大前提なのですが、これまでのような仕事の仕方も大切にしながら、最近はもう少し社会的意義のあることに取り組めないか? とか、自分しかできない仕事を追求できないか……、と考えることが増えてきています。

 そういったことなどがあり、ブログのネタも少し変わってきています。これからは、硬めの内容、ニュースネタが増えると思います。思いつくままに綴る「雑感ブログ」ですが、これからもお付き合いいただければうれしいです。

※ 本内容は、2008年11月14日に行われたオルタナティブ・ブロガー講演会の内容より抜粋したものです。

佐々木 康彦氏 プロフィール

佐々木 康彦

ホームページ制作会社CMパンチの代表取締役。ドリカムのバックバンドからIT業界に転身した変り種。制作実務のほか、「webネタ活用コンサルタント」として企画立案や各種講演など幅広く活動中。

ITmedia オルタナティブ・ブログ『平凡でもフルーツでもなく、、、』では、ITと社会、ワーキングプア問題、音楽ガジェットなど多方面に渡る話題を精力的に執筆中。


オルタナティブ・ブロガーインタビュー『オルタナティブな生き方』バックナンバー


関連キーワード

ブログ | ブロガー | 人生 | 経営 | 起業


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ