ニュース
» 2009年03月09日 08時00分 公開

急遽救世主に:クラウドが救う経済危機下の企業経営 (3/3)

[林雅之,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

クラウドをビジネスとして活用する時代へ

 クラウドコンピューティングは、比較的好景気であった2008年10月のリーマンショックの前までは、将来の有望な技術や概念として取り上げられることが多かった。しかし、リーマンショック後は一転して金融危機に陥ったため、経営に苦しむ救世主的な存在としてクラウドコンピューティングが注目されるようになっている。

 まだ、企業ユーザー側の過度な期待とクラウドサービスを提供する側のギャップも多いというのも確かだが、この先、ITを「保有」することから「利用」することにシフトしていくことは間違いなさそうだ。この経済危機を打開し、経済成長を牽引するための重要なツールとして期待は高まっているのが実情だ。

 クラウドサービスを即座に採用するのもちろんあるが、採用しないとしても十分にクラウドコンピューティングの全体像を理解し、これからさらに本格化するクラウド化への動きに対して備える必要がある。

過去のニュース一覧はこちら

著者プロフィール:林雅之 ICT企業勤務

顧客へのICTコンサルティング、情報通信政策の調査・分析、SaaSビジネス推進、プロジェクト総括、ナレッジマネジメント推進などにたずさわる。著書『「クラウド・ビジネス」入門 -世界を変える情報革命』


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ