ニュース
» 2009年05月01日 07時00分 公開

Windows 7導入のために知っておくべき7つのこと (3/3)

[Joe Wilcox,eWEEK]
eWEEK
前のページへ 1|2|3       

6. Windows 7を検討している企業はすべて、Office 2010もテストするべきだ

 Microsoftは4月15日に、次期版Officeは「Office 2010」という名称になると発表した。「テクニカルプレビュー」は第3四半期にリリースの見込みだ。14日にはExchange Server 2010のβ2が公開されている。

 MicrosoftはOffice 2007とVistaを同じ日にリリースしたが、両製品の間にシナジーはほとんどなかった。企業はVistaはばかにしても、Office 2007は支持した。今のところ、後継製品は別々のリリーススケジュールで動いているようで、Windows 7はOffice 2010の6カ月以上前に発売される見通しだ。面白いのは、Windows 7の製造工程向けリリース(RTM)とOffice 2010のテクニカルプレビューがほぼ同時期に公開されるということだ。

 多くの企業は12カ月待ってからWindows 7の導入を開始するだろう。そのころにはOffice 2010がリリースされ、同時に導入できるだろう。ほとんどの企業では、Windows 7の導入にはOffice 2010よりも多くのテストとアプリケーション動作認定が必要になる。先述のUIの類似、シナジーをもたらす未発表の機能は、企業がXPとOffice 2000または2003から移行し、新しいPCにWindows 7とOffice 2010を同時に導入する十分な理由になる。

7. Windows 7はXP、Vistaよりも企業向けのセキュリティ機能が充実している

 我慢してSAを受け入れてもいいという企業に、Windows 7 Enterpriseは魅力的なエサとしてAppLocker、BitLocker To Go、DirectAccessという有用なセキュリティ機能を提供する。

  • AppLockerでは、IT部門がアプリケーションのインストールや、スクリプトの実行許可を細かく管理できる。仕事と私的な用途に同じコンピュータを使っている社員は多い。これは、インストールしたソフトや子供のファイル共有サイト利用によってマルウェアに感染するリスクを高める

  • BitLocker To GoはUSBメモリにロックをかけられる機能。USBメモリを紛失したときや盗まれたときに、不正なデータの複製やデータの紛失を防げる

  • DirectAccessはIPv6-over-IPSecトンネリングで企業のネットワークとの常時接続を確保する。この機能を使う場合はWindows Server 2008 R2も必要。DirectAccessは「IT部門のリモートPC管理を合理化する。ユーザーは常時接続しており、セキュリティパッチやソフトウェアアップデートを適用できるからだ」とアナリストのグレイ氏は言う。VPNクライアントの必要もなくなる、とMicrosoftは主張している

 Windows 7の採用に選択の余地はない。ほとんどの企業にとっては避けられないことだ。ここで挙げた7つの項目は、IT部門がXPやVistaからWindows 7へ至る道筋を計画するときに考慮すべき要素の一部にすぎない。

前のページへ 1|2|3       

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -