調査リポート
» 2010年09月27日 08時00分 公開

ITmedia リサーチインタラクティブ 第8回調査:情報セキュリティの支出は微増、“付け焼刃”的な対応が課題に (3/3)

[國谷武史,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

重点は「組織強化」と「外部記憶媒体」

 本調査では情報セキュリティに関してどのような課題認識を持っているかを探るために、支出の増減とは別に「強化を必要としているセキュリティ対策」についても回答を求めた。その結果をまとめたのが図6および図7である。

図6 図6 強化を必要するセキュリティ対策(複数回答/全体/有効回答:186件) 出典:ITmedia リサーチインタラクティブ/ITR(2010年9月)

 最多は「ポリシーの見直し、社員教育を含めた組織としてのセキュリティ対策強化(44.6%)」であった。技術への投資だけでなく、組織全体でセキュリティ意識を高く保つことを、多くの企業が重視していることがうかがえる。これに続くのが、「USBメモリなど外部記憶媒体にまつわるセキュリティ対策(43.0%)」だった。近年は外部記憶媒体の低価格化と大容量化が進んだことで、情報漏えいやウイルス感染を引き起こす要因になっているとも指摘される。今後しばらくの間はこの対策への支出は増えると予想される。

 回答を従業員規模別に見ても、上位2項目はすべてのセグメントで高い選択率を示しており、企業規模を問わずに課題になっていることが分かる。注目すべきは、「従業員数1000〜5000人」の準大手企業が積極的な姿勢を示している点だ。「ポリシーの見直し、社員教育を含めた組織としてのセキュリティ対策強化」については、実に6割近い企業が強化の必要性を感じている。また、「モバイル端末のセキュリティ対策」についても、半数以上の企業が強化の必要性を感じている。

図7 図7 強化を必要とするセキュリティ対策(複数回答/従業員規模別/有効回答:186件) 出典:ITmedia リサーチインタラクティブ/ITR(2010年9月)

 全体平均では決して高い数字ではないが、「レガシーOS(サポート切れOS)マシンの継続利用」が中堅以下の企業で重視されているのが興味深い。これは2010年7月にWindows 2000のサポートが終了し、その対策がまだ打てていない企業が少なくないことを物語っていると言えよう。

回答者プロフィール

図8 図8:回答者プロフィール(有効回答数:187件) 出典:ITmedia リサーチインタラクティブ/ITR(2010年9月)

ITmedia リサーチインタラクティブでは、第9回読者調査「クラウド・コンピューティング」を10月12日まで実施しています。ご回答いただいた皆さまには、調査結果の分析リポートを提供します。回答ページはこちらをクリック


関連ホワイトペーパー

セキュリティ対策 | 内部統制


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ