ニュース
» 2010年10月01日 15時14分 公開

外部SaaSベンダーにPaaS提供も:キヤノンMJ、クラウドビジネスセンターを新設し「キヤノンMJクラウド」を構築

キヤノンMJは「クラウドビジネスセンター」を新設し、グループ各社のノウハウを統合する。「キヤノンMJクラウド」については外部SaaSベンダーへのPaaS提供も予定する。

[石森将文,ITmedia]

 キヤノンマーケティングジャパン(以下、キヤノンMJ)は10月1日、クラウドビジネスを推進する中心組織「クラウドビジネスセンター」を新設すると発表した。同センターはキヤノンMJグループのキヤノンITソリューションズ内に本日付で設置される。

 クラウドビジネスセンターの主な役割は、キヤノンMJグループにおけるクラウドビジネスの事業戦略やビジネスモデルの策定、ITサービス共通基盤の構築、新規サービスの創造スキーム確立、ビジネス推進体制の強化、スキルアップ推進など。これまで同グループ内の各社は、独自にクラウドビジネスへ取り組んできたが、今後は各社が培ったノウハウや顧客のニーズをクラウドビジネスセンターに統合し、グループシナジーの最大化を図る。「従来からキヤノングループが得意な事業領域としているイメージング技術やプリンティング技術と、キヤノンMJグループのITをクラウド上で稼働させることで得られるノウハウを反映し、顧客のニーズにあわせたサービスを提供する」(キヤノンMJ)としており、2013年以降は、ITサービス共通基盤(キヤノンMJクラウド)を外部のSaaSベンダーに向けたPaaSとしても提供する予定だという。

キヤノンMJクラウドの概念

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -