ニュース
» 2010年10月14日 12時33分 公開

マカフィー、企業向けのエンドポイントセキュリティ製品を発売

統合管理機能を強化した中堅・大規模企業向けの統合セキュリティ製品となる。

[ITmedia]

 マカフィーは10月15日、中堅・大規模企業向けのエンドポイント統合セキュリティ製品「「McAfee Endpoint Protection」および上位版の「McAfee Endpoint Protection Advanced」を発売した。統合管理機能の強化を特徴としている。

 McAfee Endpoint Protectionは、マルウェア対策やデバイス制御、電子メールおよびWebのセキュリティ機能を持つ。上位版ではこれらの機能に加え、ファイアウォール、ネットワークアクセス制御、ポリシー監査機能を搭載している。

 2つの製品は、統合管理ツール「ePolicy Orchestrator」から一元的に管理が行える。これにより、管理者は1つのコンソールでPCなどのエンドポイントのセキュリティ状態を把握でき、ポリシーの一括配布やレポート作成、監査などの業務を簡略化できるとしている。

 価格は、Endpoint Protectionが1ライセンス当たり1万1287円、Endpoint Protection Advancedが同2万3247円(いずれも税込み。最低11ライセンスの購入、初年度サポート料を含む)となっている。

変更履歴……メーカーより価格の訂正発表がありましたので、初出時の表記を変更しています。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ