ニュース
» 2013年06月05日 16時12分 公開

IT市場は通信/メディア、消費者以外でプラス成長 IDC予測

アベノミクス効果などにより2013年のIT支出は多くの産業で堅調にプラス成長するとIDCは発表した。

[ITmedia]

 IDC Japanは6月5日、国内産業分野別IT市場における2012年下半期の分析と2013〜2017年の市場規模予測を発表した。

国内IT市場 主要産業の前年比成長率の推移予測:2012年〜2015年(出典:IDC Japan) 国内IT市場 主要産業の前年比成長率の推移予測:2012年〜2015年(出典:IDC Japan)

 2013年は、新政府の景気刺激策によって国内経済拡大への好機が高まり、多くの企業でIT支出の抑制が解け始めるという。特に通信/メディア、消費者以外の全産業(官公庁、教育含む)のIT支出はプラス成長になると見ている。組立製造(前年比成長率1.6%、市場規模1兆3848億円)、プロセス製造(同2.1%、7410億円)といった製造業では、円安の影響により輸出が大きい企業で業績が回復し、IT支出において堅調な成長を示すという。情報サービス業(同3.0%、7743億円)は、震災を契機とした需要の拡大が継続することでデータセンターの新設や拡充が進むほか、スマートフォンやタブレット、電子書籍リーダーの市場拡大の影響で、インターネットビジネス向けインフラ構築によるIT支出が伸びるとしている。

 一方、通信/メディア(同マイナス5.1%、市場規模1兆9933億円)は、通信事業者におけるLTEサービス向けの無線インフラストラクチャの整備が2012年に前倒しされたため、2012年がピークとなり、2013年はマイナス成長となると予測している。消費者(同マイナス2.6%、2兆4968億円)は、スマートフォンのブームの一巡などにより成長が鈍化する。

 これらの影響で、国内IT市場全体の前年比成長率はマイナス0.1%(2013年市場規模13兆871億円)で、2012〜2017年の年間平均成長率は0.1%、2017年のIT市場規模は13兆9525億円になるとIDCは予測した。

関連キーワード

IDC | IT投資 | 成長率


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -