ニュース
» 2013年06月12日 16時34分 公開

2013年1Qの携帯電話出荷台数が1000万台を割り込む IDC Japan

IDC Japanは2013年第1四半期の携帯電話とスマートフォン端末の出荷台数を発表した。

[ITmedia]

 調査会社のIDC Japanは6月12日、国内携帯電話およびスマートフォン端末に関する2013年第1四半期(1〜3月)の出荷台数を発表した。

 調査によると、2013年第1四半期の国内携帯電話出荷台数は、前年同期比5.9%減の956万台となり、3四半期ぶりに1000万台ラインを割り込む結果となった。マイナス成長の原因としては、国内通信事業者の販売奨励金戦略の見直しにより、端末販売台数が伸び悩んだこと、加えてスマートフォン需要の成長鈍化の兆候が見られることを挙げている。スマートフォン需要に関して、iPhoneは相変わらず好調な販売実績を維持しているが、Android OS端末の出荷台数が落ち込んだことから、同四半期におけるスマートフォン出荷台数は、前年同期比で4.0%増の681万台にとどまった。

2013年第1四半期 国内スマートフォン出荷台数ベンダー別シェア(出典:IDC Japan) 2013年第1四半期 国内スマートフォン出荷台数ベンダー別シェア(出典:IDC Japan)

 スマートフォンとフィーチャーフォンを合計した携帯電話出荷台数におけるベンダー別出荷台数シェアでは、アップルが28.2%の市場占有率を獲得し、2四半期連続して首位となった。また前四半期(2012年10〜12月)と同様、スマートフォンの販売が好転したシャープと富士通がシェア第2位と第3位になった。また、法人向け市場を含めて、フィーチャーフォン市場で安定した実績を維持しているパナソニックが第5位に入っている。

 同時期のスマートフォンにおけるベンダー別シェアにおいても、アップルが高い市場シェア(39.6%)をキープしてトップとなった。2012年第4四半期(10〜12月)で第3位のシャープが順位を1つ上げて第2位に、「Xperia新シリーズ」が好調なソニーが第3位にランクされている。また、au向けの「Butterflyシリーズ」で販売増を記録している台湾HTC社もトップ5入りを果たした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -