ニュース
» 2015年06月16日 07時00分 公開

マイナンバー対応を「税理士起点」に “持たずに済む”新サービス (2/3)

[岩城俊介,ITmedia]

“持たない”がキモ、税理士向けマイナンバー対応サービス

 税理士向けクラウド税務・会計・給与サービス「A-SaaS」を展開するアカウンティング・サース・ジャパンは6月16日、税理士のためのマイナンバー対応クラウドサービス「マイナセキュリティ」を発表。2015年8月上旬にサービスを開始する。

 同社は税理士の業務に特化した税理士向けクラウドサービス「A-SaaS」を展開。税務申告と記帳代行のための税務・会計の機能と、顧問先企業へ使ってもらう会計の自計化(経理業務の効率化のための)ツールを設けた一気通貫型のシステムを用意し、全国約3万5000の会計事務所や税理士法人に向けて訴求している。

photo 「マイナセキュリティ」の概要 リスクのあるマイナンバーを“持たず”に管理・申告できる仕組みとした

 この追加サービスとなるマイナセキュリティは、いずれの税理士事務所も無料で使え、顧問先企業も担当税理士を介して無料で利用できるよう体制を整えた。有料のA-SaaSサービス利用者(1アカウントあたり2万9800円/月)には税務システムや給与システムと安全かつ高度に連携できる機能で差別化し、税理士へのA-SaaS訴求を加速させたい考えだ。

 ポイントは「持たないで済む」。クラウド上で安全に管理する仕組みにより、税理士がマイナンバーを収集し、管理する際の漏えいリスクを低減、かつ電子申告や電子申請へそのまま利用できる「税理士起点」のクラウド型サービスに仕立てた。マイナンバーはセキュアなクラウド上へ保管され、基本業務では持たない/見えない仕組みで運用できる。手元にマイナンバー情報を持つことなく、クラウド上でシームレスに源泉徴収票や所得税など電子申告・申請を行うことを可能にする。

photo アカウンティング・サース・ジャパン マイナンバーエバンジェリストの中尾健一氏がサービス概要を説明。税理士が顧問先用のURLとログインIDを発行し、顧問先の従業員に入力してもらうフローにより、初期対応で必要な「収集」を税理士・企業それぞれ容易にする

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ