ニュース
» 2016年12月14日 08時00分 公開

第32回 Dockerコンテナ同士の通信方法、フラットなネットワークを作る(前編)古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」(3/3 ページ)

[古賀政純(日本ヒューレット・パッカード),ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

コンテナ用ネットワーク「mynet1」に所属するコンテナの起動

 ブリッジネットワーク「mynet1」に所属するコンテナを起動するには、コンテナ起動時に「--net mynet1」を付与します。また、ブリッジネットワーク「mynet1」に所属するコンテナに対して、固定IPアドレスを振ることができます。今回は、ブリッジネットワーク「mynet1」に所属するコンテナ「test01」にIPアドレスとして172.16.44.11/16を付与して起動します。test01コンテナは、Webサーバ入りのDockerイメージ「larsks/thttpd」を使用しました。


# docker run -itd --name test01 --net mynet1 --ip 172.16.44.11 larsks/thttpd

 コンテナが稼働しているかを確認します。


# docker ps -a
CONTAINER ID   IMAGE          COMMAND                  ... STATUS ... NAMES 
0c4b281752a3   larsks/thttpd  "/thttpd -D -l /dev/s"   ...        ... test01

 コンテナtest01に割り当てられた固定IPアドレスをホストOS上から確認します。コンテナに割り当てられたIPアドレスを調べるには、以下のように「docker inspect」が利用可能です。


# docker inspect --format='{{range .NetworkSettings.Networks}}{{.IPAddress}}{{end}}' test01
172.16.44.11

 以上によりWebサーバ入りのコンテナtest01は、ホストOSと同一LANセグメントに所属することができましたので、172.16.0.0/16のLANに所属する別のホストBやクライアントPCなどからコンテナのIPアドレスにアクセスしてみます。


$ curl http://172.16.44.11
...
  <pre>
  ____                            _         _       _   _
 / ___|___  _ __   __ _ _ __ __ _| |_ _   _| | __ _| |_(_) ___  _ __  ___
| |   / _ \| '_ \ / _` | '__/ _` | __| | | | |/ _` | __| |/ _ \| '_ \/ __|
| |__| (_) | | | | (_| | | | (_| | |_| |_| | | (_| | |_| | (_) | | | \__ \
 \____\___/|_| |_|\__, |_|  \__,_|\__|\__,_|_|\__,_|\__|_|\___/|_| |_|___/
                  |___/
  </pre>
...

 SwarmやNATを使わずに、ホストOSとコンテナが単一のネットワークセグメントに所属し、マルチホストによる通信が実現できました。

後編につづく

古賀政純(こが・まさずみ)

日本ヒューレット・パッカード株式会社 オープンソース・Linuxテクノロジーエバンジェリスト。兵庫県伊丹市出身。1996年頃からオープンソースに携わる。2000年よりUNIXサーバーのSE及びスーパーコンピューターの並列計算プログラミング講師、SIを経験。2006年、米国ヒューレット・パッカードからLinux技術の伝道師として「OpenSource and Linux Ambassador Hall of Fame」を2年連続受賞。プリセールスMVPを4度受賞。現在は日本ヒューレット・パッカードにて、Hadoop、Spark、Docker、Linux、FreeBSDなどのサーバー基盤のプリセールスSE、文書執筆を担当。日本ヒューレット・パッカードが認定するオープンソース・Linux テクノロジーエバンジェリストとして、メディアでの連載記事執筆、講演活動なども行っている。Red Hat Certified Virtualization Administrator, Novell Certified Linux Professional, Red Hat Certified System Administrator in Red Hat OpenStack, Cloudera Certified Administrator for Apache Hadoopなどの技術者認定資格を保有。著書に「OpenStack 実践ガイド」「Docker 実践ガイド」「CentOS 7実践ガイド」「Ubuntu Server実践入門」などがある。趣味はレーシングカートとビリヤード。古賀氏の最新記事が読めるブログはこちら


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ