ニュース
» 2018年09月26日 06時25分 公開

Twitter、ポリシー策定に初めてユーザー参加を求める(アンケートは10月9日まで)

「会話の健全性」向上に努めるTwitterが、「暴言や脅迫、差別的言動に対するTwitterのポリシー」の新項目追加に当たり、ユーザーにアンケートで意見を求めている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitterは9月25日(現地時間)、これまで自社内で行ってきた「Twitterルール」の策定に、初めて一般ユーザーの意見を反映させると発表した。

 まずは、現在検討中の「暴言や脅迫、差別的言動に対するTwitterのポリシー」に追加する項目について、10月9日までにアンケートに答えるようユーザーに呼び掛けている。

 rule 1 「新しいポシリーを一緒に作りましょう」

 Twitterはこれまで、ポリシー策定については、有識者、学術機関、研究者などで構成するコミュニティグループ「Trust & Safety協議会」の協力は仰いでいるが、ユーザーに意見を求めるのはこれが初めてだ。

 検討中の項目は、「dehumanizing language」(個人や特定の集団を動物やばい菌などに例えるなど、相手を人間扱いしない言動)を禁止するものだ。dehumanizing languageは、それを向けられた集団に対する暴力を正当なものと錯覚させたり、暴力に対する抑制力を低下させたりするとしている。

 暴言や脅迫、差別的言動に対するTwitterのポリシーは、特定の集団(人種、民族性、国籍、性的指向、性別、性同一性、宗教、年齢、障害、重病など)に向けた嫌がらせを阻止するためのポリシーだが、現行のポリシーには違反しないが明らかに問題のあるツイートがあるため、これに対処するのが新項目追加の目的という。

 アンケートの結果を参考にした後、最終的にはTwitterの従来のポシリー策定プロセスで内容を決定する計画。

 アンケートに参加するには公式ブログの項目草案を読み、その下の幾つかの質問に回答を入力する(本稿執筆現在英語のみ)。

 分かりやすさの5段階評価の他、テキストによる意見(ツイートと同じ280字まで)や例の入力もある。回答の締め切りは日本時間の10月9日午後10時まで。

 rule 2 アンケート(一部)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -