連載
» 2018年10月09日 07時00分 公開

榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:ファーストキャリアの選び方 会社という環境を“使い倒して”成長する方法 (2/2)

[榊巻亮,ITmedia]
前のページへ 1|2       

2. 経験学習マインド

 とはいえ、環境はそう簡単に変えられるものではない場合が多いだろう。時には、与えられた環境で仕事をするしかないときもある。

 ここでマインドが間違っていると、大きく差が出てしまう。

  • 「今の環境は自分の好みじゃない。早く他の環境に行きたいな」なのか。
  • 「好みじゃないが、どうせやるならこの環境から学びをいっぱい引き出してやる」なのか。

 当然、後者の方が圧倒的に伸びる。与えられた環境であっても、自分なりに意味付けをして、前向きに向き合う。試しに全力でやってみる。

Photo

 そして、経験から学ぶことを大事にしてほしい。

 人間は経験からしか学べない生き物だといわれている。書籍や先生から教えられることは、「学んだこと」ではなく、「聞いたこと」にすぎない。

 聞いたことを、試しにやってみて、内省し、自分の中に落とし込んではじめて学んだことになる。本来、どんな環境でも、これができるはずなのだ。好みの環境ではなくても関係ない。その環境を“しゃぶり尽くすこと”が成長には不可欠だ。

 諦めてしぶしぶと仕事をしている人に比べて、何十倍も伸びる。環境のせいにせず、経験から学ぶ姿勢を持っている人は、少し話すとすぐに分かるものだ。

2つのマインドで“明るい”セカンドキャリアへ

 あなたは、選びに選んだ環境(会社)を使い倒せるだろうか?

 上記の「変革マインド」と「経験学習マインド」が備わっていれば、どこへ行っても大丈夫なはずだ。

 会社選びはゴールではない。その先で、何をどう経験して、どうやって「セカンドキャリア」を展開させていくか。どうやって人生を豊かにしていくか。2つのマインドさえ備わっていれば、きっと素晴らしい経験ができるだろう。

 ファーストキャリアを選ぶ際は、ぜひそのあたりまで考えてほしい。なんせ人生100年時代。先は長い。楽しんで生きたいものだ。

著者プロフィール:榊巻亮

コンサルティング会社、ケンブリッジのコンサルタント。一級建築士。ファシリテーションとITを武器に変革プロジェクトを支援しています。

詳しいプロフィールはこちら


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -