榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』

「榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』」の連載記事一覧です。

榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:

“本当にやりたい仕事”にたどり着くため、選びに選んだファーストキャリアの職場を最大限に生かし、自己成長を遂げるには、選んだ環境を使い倒すための「2つのマインド」が重要です。

【榊巻亮 , ITmedia】()
榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:

「本当にやりたい仕事」とは、会社に入った後、仕事でいろいろな経験を積みながら、自分の好みや強み、得意・不得意などを見極めて見つけるもの。その仕事にシフトしていくには「ジョブチェンジ・転職に困らない能力」を身に付ける必要もある。その過程を見越した「会社選びの7つの基準」とは?

【榊巻亮 , ITmedia】()
榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:

仕事や会社を選ぶ際のポイントは、会社に入ったあとに「本当にやりたい仕事」をどうやって見つけ、シフトしていくか。そして、入社後にそれを実現するためには、何をすべきで、どんなふうに仕事と向き合っていくべきなのでしょうか?

【榊巻亮 , ITmedia】()
榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:

仕事や会社を選ぶ際に大事なのは、よくいわれる「自分の特性ややりたいことを見極める」ことではなく、「腹をくくる」こと。それにはまず、これまでの「会社選び」の視点を見直してみる必要があります。

【榊巻亮 , ITmedia】()
榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:

「上司だからxxできて当然」「部下だからxxして当然」――そんな組織をダメにする利己主義は、「上司と部下」という関係がもたらす弊害かもしれません。仕事上のパートナー同士、互いの力を最大限に引き出し、気持ちよく働ける組織の要とは?

【榊巻亮 , ITmedia】()
榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:

仕事は上司の期待値の1〜2%上をいく、ポイントを押さえてそつなく、効率よくこなせばOK――そんなふうに考えていた新入社員時代のある日、先輩からくらった強烈な一言をきっかけに、著者の身に起こったこととは?

【榊巻亮 , ITmedia】()
榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:

プロジェクトを成功に導くカギとなるのは、“腹を割って話せる関係”であること。その関係を築き、プロジェクトの完了まで継続的するためのコツとは?

【榊巻亮 , ITmedia】()
榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:

この会議、あれこれ意見は出るものの、なんだか話が平行線で進まない、どこか“かみ合っていない”気がする……。そんな議論を整理してスムーズに進めるための会議のコツとは。

【榊巻亮 , ITmedia】()
榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:

対面での会議のようにスムーズにいかず、運用が難しいと思う人も少くない「電話会議」。うまく進めるには、参加者全員が守るべきコツがあります。

【榊巻亮 , ITmedia】()
榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:

部下の成長を加速させるリーダーシップとは? ジブリ作品の登場人物「ドーラ」と「ナウシカ」を例に、今、求められているリーダーの姿を考えます。

【榊巻亮 , ITmedia】()
榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:

「顧客視点で考えるべき」――。よく聞く言葉だが、そこで思考停止していないだろうか。

【榊巻亮 , ITmedia】()
榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:

プロジェクト管理に欠かせない「ToDoリスト」。その書き方は、本当に役立つものになっているだろうか。きちんとアクションにつながるToDoリストを作成するためのポイントを解説する。

【榊巻亮 , ITmedia】()
榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:

プロジェクトを始める前に課題を集める「課題リスト」は、プロジェクトの方向性や成否を決める重要なツール。正しく的を射た課題リストを書くためのポイントを解説する。

【榊巻亮 , ITmedia】()
榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:

組織を活性化させるには、「変化」を受け入れ、積極的に「変化」しようとする柔軟な姿勢が必要。そんな組織にするためには、どんな仕掛けを用意すればいいのか。

【榊巻亮 , ITmedia】()
榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:

メンバーを選べないケースで抵抗勢力に負けない変革チームを作るにはどうしたらいいのか。その方法を伝授します。

【榊巻亮 , ITmedia】()
榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:

難しいプロジェクトをやりきる、抵抗に強いチームをつくるにはどうすればいいか? 理想的なチーム構成のコツとメンバーの集め方を解説します。抵抗勢力候補を巻き込んでしまうのも1つの手です。

【榊巻亮 , ITmedia】()
榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:

目立たぬ時に解決できなかった抵抗勢力が「頑固な抵抗」にまで育ってしまったら……。理性的な判断力でを取り戻し、客観的な判断をしてもらうための対応策を紹介します。

【榊巻亮 , ITmedia】()
榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:

社員がいきいきと働ける職場職場をつくるには、何が必要なのか? そのヒントは、学生時代のファストフードのバイトの経験の中にあった。いったい、バイトの現場で何が起こっていたのだろうか。

【榊巻亮 , ITmedia】()
榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:

怒涛の勢いで抵抗にあっても、焦ってはいけない。表立った反応を見せる抵抗勢力に対処するには、「課題認識」のズレと「目指す姿」のズレに注目することがカギとなります。

【榊巻亮 , ITmedia】()
榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:

抵抗勢力の萌芽は、実は“微妙な兆候”として表れている――。隠れて分かりづらい抵抗の芽を見つけ、拾い、ケアすることが、後の円滑な意思疎通につながります。

【榊巻亮 , ITmedia】()
榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:

抵抗は、実は「悪」ではなく、「歓迎」すべきもの!?――“抵抗勢力”と向き合うには、まずは「抵抗とは何か?」を知ることが大切です。

【榊巻亮 , ITmedia】()
榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:

働き方改革や業務改革などの変革を起こそうとすると、必ずぶつかる“抵抗勢力”にどう向き合い、どのようにプロジェクトを進めていけばよいのか――数々の企業改革支援を手掛けてきた著者の近著から、そのエッセンスを紹介します。

【榊巻亮 , ITmedia】()
榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:

「“ダメ会議”を変える7つのコツ」で紹介した「終了時に2つ確認せよ」のポイントを解説します。これで、起こりがちな“認識のズレ”が防げるはずです。

【榊巻亮 , ITmedia】()
榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:

会議に集まったはいいが、参加者が内職や居眠りをしていないだろうか。したり……。そんなダメ会議から脱却するために押さえるべき「4つのフェーズ」と「7つの基本動作」を紹介する。

【榊巻亮 , ITmedia】()
榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:

質問に答えるときなど、分かりやすく、または詳しく伝えようとするあまり、多くの情報を詰め込んで話してしまいがちなもの。結局、何が言いたいのか、うまく伝わらないことも。そんなときは、「ストレートに」「簡潔に」を思い出そう!

【榊巻亮 , ITmedia】()

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -