ニュース
» 2019年03月20日 11時00分 公開

企業間のデータ連携をブロックチェーンでセキュアに――積水ハウス、KDDI、日立が共同検証

積水ハウス、KDDI、日立製作所は、企業間のデータ連携で新サービスを創出する協創を開始。取り組みの第一弾は、不動産と通信の契約情報を連携させる。改ざん耐性の高いブロックチェーンでセキュアなデータ連携を可能にした。将来的にはコンソーシアム形成を目指す。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 積水ハウス、KDDI、日立製作所(以下、日立)は2019年3月19日、企業が持つ独自情報を共有し、異業種データの掛け合わせによる新サービスの創出を実現する「企業間情報連携基盤」の構築に向け、協創を開始すると発表した。

 取り組みの第一弾として、積水ハウスとKDDIが保有する契約者情報を連携させ、不動産賃貸物件の内覧や契約に関する各種手続きを簡略化し、利便性を向上させるサービスの実証実験を、2019年4月から開始する。

Photo 積水ハウス、KDDI、日立製作所の3社協創における各社の役割

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -