ニュース
» 2019年03月27日 11時00分 公開

返品したいオンライン商品をコンビニで回収、ローソンが専用サービス開始へ 物流網を活用

三菱商事とローソンは、店頭の専用ボックスでEC商品の返却や返品を受け付け、ローソンの物流網で集荷する「スマリ SMARI」を開始。2019年4月1日から、ファッションレンタルの「エアークローゼット」、ファッション通販の「ロコンド」「ショップリスト」で利用できる。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 三菱商事と傘下のローソンは2019年3月25日、ローソンの物流網を活用し、サブスクリプション型のレンタル品やネット通販商品の返却・返品を受け付けるサービス「スマリ SMARI」を、2019年4月1日から東京都内のローソン約100店舗で開始すると発表した。

Photo ローソンに設置される「スマリ」の専用ボックスのイメージ

 ローソンは、全国に約1万5000店舗あり、専用配送センターから多い日で1店舗当たり約7〜8回商品を納品している。今回開始するスマリは、この納品後の配送トラックの戻り便を活用する。ローソン店舗内に専用ボックス(幅55×高さ135×奥行き66センチ)を設置し、ユーザーが投入した返却・返品商品をドライバーが回収する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -