ニュース
» 2019年04月24日 11時00分 公開

北海道の9自治体、RPAとAIを使った業務の自動化を検証――その結果は?

NTTアドバンステクノロジ(NTT-AT)ら5社は、北海道と道内8市町村の協力の下、自治体向けの共同利用型RPAとAI-OCRによる定型業務自動化に関する実証実験を実施。ふるさと納税の自治体向け通知の省力化、要介護認定申請の入力支援など、自治体に共通する業務の支援策として展開を図る。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 NTTアドバンステクノロジ(NTT-AT)、HARP、アライズイノベーション(アライズ)、HBA、NTT東日本北海道事業部の5社は2019年4月23日、北海道内の9自治体で実施した、共同利用型RPA(Robotic Process Automation)とAI-OCRによる自治体業務の効率化に関する実証実験の結果を発表した。

 実証実験は、2018年10月から2019年3月までの間、北海道と道内8市町村の自治体を検証フィールドとして、多くの自治体が共通で行っている定型的な業務を、RPAとAI-OCRを用いて自動化する仕組みを共同利用型で構築して、業務効率化の可能性を検証した。

 併せて、多くの行政サービスで利用されている帳票や申請書などの紙書類を読み取り、機械識別可能なテキストデータに変換するAI-OCRを、RPAの前処理として活用する実験を実施し、その識字率や課題などを検証した。

Photo RPAとAI-OCRによる自治体業務の自動化に関する実証実験の概要

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -