ニュース
» 2019年06月05日 16時00分 公開

誤差数センチ、ソフトバンクが法人向け測位サービスを提供

ソフトバンクは、GNSSから受信した信号を利用してRTKで測位するサービスの提供を2019年11月末に開始する。ソフトバンクの携帯電話が使える全国のエリアで利用でき、数センチの誤差で測位が可能。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 ソフトバンクは2019年6月3日、数センチの誤差で測位可能なサービスの提供を同年11月末に開始すると発表した。サービスの提供対象は法人で、ソフトバンクの携帯電話が使える全国のエリアで利用できる。

photo サービスイメージ(画像出典:ソフトバンク)

 同サービスでは、準天頂衛星「みちびき」などのGNSS(Global Navigation Satellite System)から受信した信号を利用し、固定局と移動局の2つの受信機を利用するRTK(Real Time Kinematic)によって測位をする。ソフトバンクは独自の基準点(固定局)を、同社の基地局の設置場所を活用して、全国の3300カ所以上に設置するとしている。

ソフトバンク独自の位置補正情報生成方法とは

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -