ニュース
» 2019年06月21日 15時00分 公開

日本企業はディスラプションに対応するリーダーシップの欠如が明白――ガートナー

ガートナーの調査によると、日本企業はデジタルビジネスの取り組みで世界の企業に後れを取っていることが判明。要因は、変化に対応する“チェンジリーダーシップ”の欠如やIT人材不足などにあり、日本企業独特の組織文化の障壁が影響しているという。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 ガートナー ジャパンは2019年6月20日、日本企業はデジタルビジネスイニシアチブで世界の企業に後れを取っているとの調査結果を発表した。

 同調査は、世界89カ国の主要産業に携わる企業のCIO(最高情報責任者)とITリーダー3102人を対象に2018年4月17日〜6月22日に実施し、日本からの回答者数は134人だった。

デジタルビジネスイニシアチブが進んでいない日本企業

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -