ニュース
» 2019年06月26日 07時00分 公開

“過去・現在・未来”の人口動態データ 出店検討やタクシーの需要予測などに活用

KDDIは、データマーケットプレース「KDDI IoTクラウド Data Market」の新サービスとして、スマートフォンの位置情報を利用した「au人口動態データ」などの人口動態データとセルフ分析ツールの提供を開始。新店舗の出店検討や、災害時の意思決定の迅速化、タクシー配車の需要予測などに活用できる。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 KDDIは2019年6月24日、データマーケットプレース「KDDI IoTクラウド Data Market」の拡充を発表した。スマートフォンの位置情報ビッグデータを活用した「au人口動態データ」「Wi2インバウンド動態データ」、位置情報ビッグデータを活用したセルフ分析ツール「Location Analyzer」、分析レポートサービス「Location Trends」を2019年7月下旬から順次提供する。

 KDDI IoTクラウド Data Marketは、各種統計データと分析ツール/サービスを提供し、企業が保有するIoTデータなどと組み合わせることで、新たなビジネスや価値創出を支援するソリューション。

Photo 「KDDI IoTクラウド Data Market」の構成図

活用される「au人口動態データ」とは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -