コラム
» 2019年12月27日 07時00分 公開

そもそもブロックチェーンとは何か?(前編):いまさら聞けない「ブロックチェーン」入門 仮想通貨だけじゃない (1/2)

ブロックチェーンは一般的に「投機対象としての仮想通貨」の印象が強く、センセーショナルなニュースで目にする機会のほうが多いかもしれません。しかし、ネット時代における新しい信頼性の技術は、さまざまな活用の可能性を秘めています。

[鈴木教平,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 ブロックチェーンといえば仮想通貨、という印象を持っている人は多いでしょう。また、仮想通貨についても、現金やポイントカードのように身近になく、セキュリティインシデントや投機的なニュースばかりが目立つため、疑わしい気持ちを抱く人がいても仕方ありません。

 しかし、ブロックチェーンの本質は「信頼性の技術」です。かつてデジタルの世界では、さまざまなデータが簡単に改ざんされてしまうため、情報の信頼性は低いと考えられていました。しかし現在、ブロックチェーンは、複数の視点で監視しあうことで情報の信頼性を保っています。

「ブロックチェーン=仮想通貨?」そもそもブロックチェーンとは何か

 ブロックチェーンといえば仮想通貨、というイメージはそれほど間違ってはいません。なぜなら、ブロックチェーンはもともと「『ビットコイン』の取引を記録する台帳システム」を指す言葉であるためです。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ