ニュース
» 2019年12月13日 09時55分 公開

空港保安検査の混雑状況をAIでリアルタイム分析――羽田空港、国際線の保安検査場にNECの「待ち時間予測システム」を導入

羽田空港国際線旅客ターミナルの保安検査場に、待ち時間をAIで予測し、デジタルサイネージに表示する「待ち時間予測システム」が導入された。NECのAI技術を活用し、監視カメラの映像やセンサーで取得した情報から、人の流れや通過人数を収集、分析し、混雑状況を把握する。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 NECは2019年12月12日、羽田空港国際線旅客ターミナルに、空港保安検査場の混雑状況をリアルタイムで分析、可視化する「待ち時間予測システム」を提供したと発表した。

Photo 羽田空港国際線旅客ターミナル内に設置された「待ち時間予測システム」のサイネージ

 同システムは、機内に持ち込む物品を検査する保安検査の待ち時間をAIで自動予測し、デジタルサイネージなどに表示する。羽田空港では、2019年10月から同システムの本格稼働を開始している。

「待ち時間予測システム」具体的な仕組みは

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ