ニュース
» 2019年12月26日 12時00分 公開

不正取引をAIが検出――証券業界向け売買審査支援サービスをNECが開始

NECは、AI技術を活用し、「見せ玉」や「仮装売買」といった不公正取引を高精度に検出する「NEC AI売買審査支援サービス」の提供を開始した。売買取引の中から不公正取引の可能性をスコアリングし、分析結果の根拠も提示する。不公正取引の審査業務を支援する。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 NECは2019年12月25日、AI(人工知能)技術を活用し、証券、銀行、保険などの金融取引におけるリスク・不正対策を効率化、高度化するソリューションを順次販売すると発表した。

 第1弾として、証券業界向けに、不公正取引の審査業務を支援するクラウドサービス「NEC AI売買審査支援サービス」を同日から提供開始した。

「AI売買審査支援サービス」でできることは?

Photo 「NEC AI売買審査支援サービス」の利用イメージ

 AI売買審査支援サービスは、取引データを分析し、「見せ玉」や「仮装売買」といった不公正取引を検出するソリューション。検出結果の根拠も併せて提示する。売買審査の初期調査の一部をAIで代替するもので、従来、審査担当者が1件ごとに手作業で調査、分析していた売買取引の最終審査を支援し、審査業務を効率化、高度化する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ