ニュース
» 2020年02月28日 10時00分 公開

六甲ケーブル、改札に顔認証導入で通学児童の見守りサービス――NECら、共同実証へ【追記あり】

NEC、神戸市、六甲山観光は、六甲ケーブルで通学児童らを対象にした見守りサービスの実証実験を実施する。定期券不要で改札を通過できる「顔認証改札」と、改札通過を保護者などに通知する「見守り通知」の仕組みを用いる。見守り用機器の紛失やなりすましの心配がなく、正確な認証が可能だという。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 NECは2020年2月27日、兵庫県神戸市、六甲山観光と共同で、NECの顔認証技術を活用し、六甲ケーブルで通学する児童らを対象にした見守りサービスの実証実験を実施すると発表した。顔認証により、定期券不要で改札を通過できる「顔認証改札」と、改札通過を保護者などにメールで通知する「見守り通知」を実施し、有用性などを検証する。

【2020年2月28日 18時32分追記】同実証実験は、本記事公開後に新型コロナウイルス対策の影響で中止が決定した。

Photo 実証実験の概要

 六甲山観光が運営する六甲ケーブル線は、神戸市(灘区)の六甲山を登るケーブルカー路線で、「六甲ケーブル下」駅から「六甲山上」駅までの約1.7キロ、高低差493.3メートルを結ぶ。

顔認証による「顔認証改札」と「見守りサービス」の仕組みは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ