ニュース
» 2020年05月11日 12時00分 公開

RPAツールをLGWAN環境でセキュアに提供――UiPathと京都電子計算、「自治体向けRPA配信サービス」を開始

UiPathと京都電子計算は、京都電子計算のクラウドサービス「Cloud PARK」上で提供するLGWAN-ASP基盤サービスとして、「自治体向けRPA配信サービス」の提供を開始する。自体体ユーザーは、セキュアなLGWAN環境で、UiPathのRPA開発ツール、RPA実行ツール、RPA管理ツールを利用できる。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 UiPathと京都電子計算は2020年5月8日、UiPathのRPA(Robotic Process Automation)プラットフォーム「UiPath」と京都電子計算のクラウドサービス基盤「Cloud PARK」を連携させ、「自治向体けRPA配信サービス」を2020年5月11日から提供開始すると発表した。

自治体が求める高いセキュリティレベルでRPAを提供

Photo 「自治体向けRPA配信サービス」の概要

 京都電子計算が提供するCloud PARKは、パッケージベンダーやベンチャー企業が開発した各種アプリケーションを全国のSIerを通じて提供するシェアリングビジネス基盤。自治体向けには、総合行政ネットワーク(LGWAN)環境で利用できるアプリケーションサービス(LGWAN-ASPサービス)を提供する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ