ニュース
» 2020年05月21日 13時00分 公開

NTTデータ、データの整備から分析、活用までトータルでサポートする新ブランド「Abler」を始動

NTTデータは、データの整備から分析、活用までをトータルでサポートするデータ管理サービスの新ブランド「Abler」を創設した。オントロジーやセマンティックといったデータ処理技術を活用し、ナレッジグラフを構築することで、データの“意味理解”を実現し、人間と同程度のデータ解釈が可能だという。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 NTTデータは2020年5月20日、データ管理サービスの新ブランド「Abler(エーブラー)」を創設し、同日よりサービスを開始した。データの集約、管理、活用をトータルでサポートし、データ管理の高度化を実現するという。

データの“意味理解”を実現 その仕組みは?

Photo 「Abler」のコンセプト「データ管理高度化」の概要

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ