ニュース
» 2020年07月20日 11時00分 公開

ハワイ州、主要5空港にNECの感染症対策ソリューションを導入 非接触検温や顔認証で水際対策を実現

NECは、ハワイの主要5空港に、顔認証・映像分析技術とサーマルカメラを活用し、渡航者の体表温度の測定と体表温度の高い人物の特定を効率化するソリューションを導入する。新型コロナウイルス感染症への水際対策として、ハワイ州の観光とビジネスの復活に貢献するという。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 NECは2020年7月17日、米国のハワイ州にある主要5空港に、生体認証・映像分析技術とサーマルカメラを組み合わせた感染症対策ソリューションを提供すると発表した。

 体表温度が高い人物の検知と空港内での移動経路の可視化するなど、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)をはじめとする感染症対策として活用し、ハワイ州への観光・ビジネス客の安全・安心な旅と、州民の安全対策に貢献するとしている。

Photo ハワイ州5空港に導入予定の体表温度測定のイメージ

 なお、この導入プロジェクトは、NECがハワイ州交通局から受注し、受注金額は導入費や10年間の保守費などを合わせて約3750万ドルになる予定だ。

ハワイの主要空港で水際対策を実現、プライバシーの確保は?

 ハワイ州では、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、2020年3月からハワイ居住者と州外からの渡航者に対する在宅要請や、ハワイ州到着後14日間の自己隔離措置を実施するなどの対策を講じており、それに伴い、渡航者数の大幅な落ち込みによる地域経済への大きな影響を受けている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ