ニュース
» 2020年07月02日 11時40分 公開

2019年の国内ITサービス市場ベンダー売り上げランキング、トップは常連5社が固守 DX領域の需要が好影響――IDC調べ

IDC Japanによると、2019年の国内ITサービス市場は前年比3.2%の安定成長となり、ベンダー売り上げトップ5には例年上位の主要ベンダーが名を連ねた。DX領域の需要が本格化しつつあることが好影響した。2020年以降は、BCP対策やレガシーマイグレーション、地方需要などが鍵になるとみている。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 IDC Japanは2020年7月1日、2019年の国内ITサービス市場におけるITサービスベンダーの売り上げランキングを発表した。

2019年の国内ITサービスベンダーのトップ5は?

 2019年の同市場の規模は5兆8558億円で、前年比成長率は3.2%だった。ベンダー売上額の上位5社は1位から順に、富士通、日立製作所、NTTデータ、NEC、IBMとなった。この顔ぶれと順位は2016年から変わっていないという。

Photo 2019年の国内ITサービス市場主要ベンダーサービスセグメント別売上額。売上額の算出は、連結ベース、グループ外企業向け、暦年ベースのIDC Japan定義に基づく推定値(Source:IDC Japan, 7/2020)

 サービスセグメント別にみると、「プロジェクトベース市場」が、既存システムの大規模更改案件の獲得に加え、デジタル領域の拡大なども寄与して売上額上位10社全てがプラス成長となり、うち8社が5%を超える成長率を示して、市場成長のけん引役となった。

 「マネージドサービス市場」も、上位ベンダーのほとんどが堅調に売り上げを拡大し、安定した成長を示した。

 「サポートサービス市場」では、ハードウェア保守の長期的縮小傾向のため、上位10社中4社がマイナス成長となった一方、「Windows 10」更新需要に伴うPC特需などが売り上げの拡大につながったベンダーもみられた。

2019年は各業種でのDX領域の需要が本格化か

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ