ニュース
» 2020年06月24日 09時24分 公開

世界のDX支出、2020年は10.4%成長の1兆3000億ドル超え、コロナ禍でも堅調の見通し――IDC予測

IDC Japanの予測では、DX向けテクノロジー/サービスに対する世界の支出額は、2020年に前年比10.4%増で1兆3000億ドル超えになる見込みだ。コロナ禍の影響はあるものの、戦略的ビジネスイニシアチブを促進するDXへの投資は継続される見通しだという。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 IDC Japanは2020年6月23日、世界のデジタルトランスフォーメーション(DX)への支出額に関する予測を発表した。

 それによると、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響でさまざまな課題が生じたにもかかわらず、企業のDXに向けたビジネス推進、製品、組織運営上の支出は、今後も堅調なペースで継続する見通しだという。

2020年の全世界のDX支出額は前年比10.4%成長へ

 2020年のDX向けテクノロジー/サービスに対する全世界の支出額は、前年比で10.4%増加し、1兆3000億ドル超になる予測だ。

 これは、2019年の前年比成長率17.9%に比べると顕著に遅いペースではあるものの、2020年はテクノロジー全体への支出が激減する中で、数少ない明るい材料になるという。

 IDC Japanによると、COVID-19は世界経済を悪化させ、企業のIT投資に直接的なマイナスの影響を与え、DXテクノロジーへの投資も無傷というわけではない。それでも、現在進行中または計画中の大規模なDXプロジェクトは、その多くが広範かつ戦略的な事業上の取り組みを進める上での手段となるため、現段階での影響は小さいと分析する。

 COVID-19発生前の予測と比較すると、今後5年間のDX支出の成長率の下げ幅は、2ポイントに満たない程度とみている。

2020年にDX支出成長率が最も落ち込む業界と最も伸びる業界は?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ