ニュース
» 2020年06月23日 11時00分 公開

2019年の国内ネットワーク機器市場シェア、シスコシステムズがトップ 今後の市場のカギはマネージドサービス――IDC調べ

2019年の「国内ネットワーク機器市場」ではシスコシステムズが市場全体の51.6%でシェアNo.1を獲得した。多くのベンダーがマイナス成長に陥った通信事業者向けネットワーク機器市場でも、70%近いシェアを獲得。今後の同市場は、高まるマネージドサービス志向に対応する製品戦略が重要になるという。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 IDC Japanは2020年6月22日、2019年の「国内ネットワーク機器市場のベンダーシェア」を発表した。それによると、シスコシステムズが半数以上のシェアを獲得し、国内ネットワーク機器市場における同社の強さが浮き彫りになった。

圧倒的シェアを占めるシスコシステムズ、2019年のシェア実績は?

 国内ネットワーク機器市場は、イーサネットスイッチ、ルーター、企業向け無線LAN機器で構成される。2019年の同市場全体のベンダー別支出額シェア実績では、シスコシステムズが51.6%のシェアを獲得し、前年に続いて第1位となった。

2019年の国内ネットワーク機器市場ベンダー別支出額シェア実績。企業向けおよび通信事業者向けのルーター、企業向け無線LAN機器、企業向けおよび通信事業者向けのイーサネットスイッチの合計となっている(Source:IDC Japan, 6/2020)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ