ニュース
» 2020年07月01日 11時05分 公開

国内エンタープライズアプリケーション市場、2020年以降は成長鈍化するも2024年には5631億円規模へ――IDC予測

IDC Japanによると、国内エンタープライズアプリケーション市場は、PLM市場がけん引し、2019年は前年比2.6%のプラス成長だったが、新型コロナの影響により2020年以降は成長が鈍化する見込み。ただし、2021年以降は、ニューノーマルな働き方の定着などによって緩やかな回復基調になる予測だ。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 IDC Japanは2020年6月30日、「国内エンタープライズアプリケーション(EA)ソフトウェア市場」について、2019年の売上額実績の分析と2020年から2024年までの市場予測を発表した。

Photo 2019〜2024年の「国内エンタープライズアプリケーション(EA)ソフトウェア市場」予測。この市場予測は、2020年4月末時点における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響と見通しを考慮したものになっている(Source:IDC Japan, 6/2020)

 IDC Japanでは、EAソフトウェア市場を「ERM(エンタープライズ資源計画)」「SCM(サプライチェーンマネジメント)」「PLM(製品ライフサイクル管理)」用アプリケーションで構成されると定義している。

2019年の国内EA市場は前年比2.6%成長、今後は?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ