Digital Business +Design
ニュース
» 2020年09月25日 07時00分 公開

ウチには何人いる? データとアナリティクスの活用に重要な12の人材とは

ガートナー ジャパンは、ITリーダーに向けて、ビジネスにおけるデータとアナリティクスの活用を推進する際に重視するべき12の役割を発表した。ビジネス成果の創出のため、各企業はこれらの役割の強化が必要だという。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 ガートナー ジャパンは2020年9月24日、ビジネスにおけるデータとアナリティクスの活用を推進する際に重視するべき12の役割を発表した。

 同社が2019年9〜11月にかけて実施した、企業のCDO(Chief Digital Officer)を対象とした調査によると、「データとアナリティクスチームの成功を阻む障壁」の上位4つは「組織文化」や「人的リソース」「データリテラシー」「スキルを持つスタッフの不足」といった人的要素に関連していると明らかになった。

2019年CDOサーベイ(出典:ガートナー)

 ガートナー ジャパンは、デジタルビジネスの実現には「データとアナリティクスを中核に据えたデジタルプラットフォームによる支援が不可欠だ」とし「データとアナリティクスを活用するために、必要な役割やスキル、組織文化をいかに編成するかが重要だ」と提言した。

ガートナーが提言する業務に応じた12の役割とは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Digital Business +Design

注目のテーマ