ニュース
» 2020年10月20日 07時00分 公開

NECが自社従業員専用のキャリア形成、スキル開発支援の新会社を設立

NECは同社の100%子会社としてNECライフキャリアを設立した。新会社の支援により、自社従業員のキャリア形成やスキル開発などの施策を順次強化する。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 NECは2020年10月19日、同社の100%子会社としてNECライフキャリアを設立したことを発表した。NECライフキャリアは2020年10月より営業を開始している。

 NECライフキャリアは、従業員の主体的なキャリア形成を支援するサービスを提供する。NECは、NECライフキャリアを推進役として自社従業員のキャリア形成やスキル開発などに関する各種施策を順次強化する予定だ。

 NECは今回の新会社設立の背景として、IT人材の不足や高齢化を挙げる。これらの問題を解決するには従業員の主体的なキャリア形成や再教育によるスキル転換、年齢に関わらず活躍できる環境整備などが必要だという。そこでNECライフキャリアは事業戦略の実行力強化に向けた「適時・適所・適材」な人材配置を支援するサービスを提供して、こうした課題に対応する。

AIによるジョブマッチングも キャリア施策の2つの軸とは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ