ニュース
» 2020年11月04日 07時00分 公開

IBMがハイブリッドクラウド戦略を拡張 「IBM Z」などで機能強化

IBMは、同社のITインフラを利用してハイブリッドクラウドを構築する新機能を提供する。ストレージサービス「IBM Storage」にも新機能を追加した。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

  アイ・ビー・エム(IBM)は2020年10月27日、ワークロードを展開する場所としてオンプレミスからパブリッククラウドまで柔軟に選択できる機能を戦略的に拡大すると発表した。

 IBMは、同社のITインフラストラクチャ全てに対し「IBM Cloud Paks」により提供されるコンテナ化されたソフトウェアや、コンテナ向けのデータストレージの機能強化を提供する。主にIBMが提供するメインフレームコンピュータ「IBM Z」とUNIXサーバ「IBM Power Systems」に向けたものだ。

IBM Power SystemsとIBM Zに向けた新機能の詳細とは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ