ニュース
» 2020年10月29日 07時00分 公開

IBMが提供する「業界初」のセキュリティプラットフォーム 3つの新機能

日本IBMは、ハイブリッド/マルチクラウド対応の統合セキュリティソリューション「IBM Cloud Pak for Security」に新機能を追加して脅威管理機能を強化する。脅威の検知、調査、対応に、データレベルのインサイトとユーザー行動分析を結び付ける業界初のアプローチを取り入れた。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 日本IBMは2020年10月27日、ハイブリッド/マルチクラウド環境に対応するセキュリティプラットフォーム「IBM Cloud Pak for Security」に新機能を追加すると発表した。

 IBM Cloud Pak for Securityは、IBM傘下のRed Hatが提供する「Red Hat OpenShift」と統合済みのコンテナ化されたソフトウェア群で構成されており、クラウド/オンプレミスにかかわらず、顧客環境の既存のセキュリティツールを統合管理/運用できる。オープンスタンダードの技術を活用して、ハイブリッド/マルチクラウド環境全体にわたる脅威インデックスを検出できる。また、ワークフローを用いた自動化により、インシデントへの対応を迅速化することも可能だ。

Photo 「IBM Cloud Pak for Security」の概要(出典:日本IBM「Cloud Pak for Security」

 機密性の高いデータを狙うセキュリティ脅威の検知/対応、データを保護するための新たなデータセキュリティソリューションなどの新機能を、2020年第4四半期(10〜12月)のアップデートで順次追加する予定だ。

データレベルのインサイトとユーザー行動分析を脅威に結びつける?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ