ニュース
» 2020年12月07日 07時00分 公開

ネットワーク開通処理を「最短数分」で実現 ネットワンシステムズがサービス提供

ネットワンシステムズは、ネットワークサービスの設定を自動化するシステム「ATBeXオーケストレータシステム」を構築した。同システムを利用することで、開通処理に必要な期間をこれまでの2営業日から最短数分に短縮できる。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 ネットワンシステムズは2020年12月4日、データセンター事業を手掛けるアット東京のネットワークサービス「ATBeX」の設定を自動化する「ATBeXオーケストレータシステム」を発表した。同システムは、エンタープライズ向けのIT資産自動化プラットフォーム「Red Hat Ansible Automation Platform」を利用して構築された。同年8月に稼働を開始している。

 ATBeXは、アット東京のデータセンター内に設置した企業システムや事業者サービスを相互接続するサービスだ。外部のクラウドサービスや通信サービスの接続にも利用できる。

 ネットワンシステムズによると、複数のクラウドサービスへのセキュアな閉域接続の需要が増加している。同社は、ユーザーの利用申請からクラウドサービスへの接続までの設定を自動化することで需要に対応する。ATBeXオーケストレータシステムは、これまで2営業日かかっていた開通処理を数分に短縮し、セキュアなマルチクラウド環境を構築できるという。

「最短数分で開通」を実現 新システムを構成する2つの要素

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ