ニュース
» 2020年12月02日 11時00分 公開

ハイパースケーラーの需要に応える「東京府中データセンター」 4000ラックを収容

ソフトバンクとIDCフロンティアは、東京都府中市に「東京府中データセンター」を新設した。ハイパースケーラーの需要に応える最大50MWの受電容量を備え、約4000のサーバラックを収容可能。キャリアフリーのネットワーク接続、データホールサービス、コロケーションサービスなどを提供する。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 ソフトバンクとクラウド/データセンター事業を手掛けるソフトバンク子会社のIDCフロンティアは2020年12月1日、大手クラウドサービスプロバイダー(ハイパースケーラー)の需要に対応した大規模データセンター「東京府中データセンター」(以下、東京府中DC)を東京都府中市に開設し、同日から運用を開始した。

 東京府中DCは、両社が保有するデータセンターで最大規模だという。クラウドサービスの需要拡大や、AI/IoT、5G(第5世代移動通信システム)の活用などによる多様な需要に対応するため、大規模な受電容量と広大なスペースを提供する「ハイパースケールデータセンター」として開設した。

Photo 「東京府中データセンター」の外観(出典:ソフトバンク)

ハイパースケーラーのニーズに応えるメガワット級DCとは

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ