ニュース
» 2020年12月18日 07時00分 公開

2021年のカギを握る国内ITトレンドは? IDCが主要10項目を発表

IDCは、2021年の国内IT市場でカギとなる技術や市場トレンドとして「DXとFuture Enterprise」や「AIによる自動化」など主要10項目を発表した。2021年は企業が新たなビジネスモデルや競争の方法を模索する「ネクストノーマル」の時代が訪れるという。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 IDC Japan(以下、IDC)は2020年12月17日、2021年の国内IT市場でカギとなる技術や市場トレンドの主要10項目を発表した。

 IDCによると、2020年の国内IT市場は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けて国内企業の業績悪化に伴うIT支出の減少を引き起こした。一方でCOVID-19の流行は、企業にデジタル化の機運を高めてデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進させるというプラスの面も持ち合わせていたとする。

 同社は「2021年は企業が新たなビジネスモデルや競争の方法を模索する『ネクストノーマル』の時代が訪れる」と予測し、その数年後には「DXを実現していることが今後も企業が成長し続けるための前提条件となる『デジタル優位』の社会が訪れる」とした。

AIや5Gは、依然として注目 2021年のカギを握るITと市場トレンドは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ