ニュース
» 2021年03月02日 09時00分 公開

2024年までに企業セキュリティはクラウド中心に? 移行を支える5つのポイントは――ガートナー提言

企業ネットワークのクラウド化は今後も加速し、2024年までに「新たなネットワーキング」への移行が進み、それを支える「クラウド型セキュリティゲートウェイ」を採用する企業が60%を超えるとガートナーは予測。自社のネットワークを見直し、移行を進めるポイントとは?

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 ガートナー ジャパン(以下、ガートナー)は2021年3月1日、「クラウド型セキュリティゲートウェイ」を活用した新たな企業ネットワークの在り方に関する展望を発表した。

 2021年に入り、世界中の企業が新たな働き方を模索する中、企業ネットワークもその在り方の大きな変化に直面している。この背景には、在宅勤務者の増加やオフィス系アプリケーションなどのパブリッククラウドの利用拡大があり、これを受け、企業内やインターネットのトラフィックが増大し、既存ネットワークにさまざまなボトルネックが生じている。

 こうしたトラフィックの変化に対応する選択肢として、クラウド型セキュリティゲートウェイの採用が進み始めているという。

クラウド型ゲートウェイで実現する「新たなネットワーキング」とは

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ