ニュース
» 2021年03月15日 11時00分 公開

ServiceNowの新サービスで見えた 「ノーコード開発ツール」導入で失敗を防ぐ2つのポイントとはWeekly Memo(1/2 ページ)

企業のDXに向けて、業務現場でアプリケーション開発を可能にするノーコード開発ツールが注目されている。ServiceNowが提供する新サービスから、企業が同ツールを導入する際のポイントを探りたい。

[松岡功,ITmedia]

 「当社のサービスについて知らなくても、『Microsoft Excel』を使えるなら簡単にアプリケーションを作れる」

 ServiceNow Japanの高橋卓也氏(マーケティング本部プロダクトマーケティング部 部長)は、同社が2021年3月12日に開いた新サービス群の記者説明会で、今回の発表の目玉であるノーコードアプリケーション開発ツールについてこう強調した。

Photo ServiceNow Japanの高橋卓也氏(マーケティング本部プロダクトマーケティング部 部長)

 ノーコードアプリケーション開発ツールは、企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する際、業務現場でアプリケーションの開発を可能にするものとして注目されている。ただ、高橋氏によると、企業が同様のツールを導入する際には重要なポイントがあるというので、今回はそれを探ってみたい。

「プラットフォームのためのプラットフォーム」がなぜ必要なのか

 まずは、その大事なポイントにも深く関わる新サービス群の全体について説明しよう。ServiceNowは米国時間2021年3月11日、同社のPaaS(Platform as a Service)型サービス「Now Platform」の最新バージョン「Quebec(ケベック)」に伴う新サービスや既存サービスの機能強化を発表した。その数は「数百に及ぶ」(高橋氏)という。日本法人の会見はこれを受けて行われた。

 図1は、これまで2年余りにわたるPaaSのバージョンアップのタイミング(およそ半年ごと)と、それぞれの目指す姿を示したものだ。同社ではバージョンアップしたPaaSにABC順で世界の都市名を付けており、今回はQuebecとなった。目指す姿は「21世紀の企業を支える“プラットフォームのためのプラットフォーム”」だ。

Photo 図1 Now Platformのバージョンアップの変遷(出典:ServiceNow Japan)

 これまでNow Platformは、IT部門と顧客、従業員の3者のワークフローに応じたSaaS(Software as a Service)を提供してきた。今回のQuebecは、図2に示すように、アプリケーション開発環境に対応した「Creator Workflows」を追加した。

Photo 図2 Quebecではアプリケーション開発環境に対応したCreator Workflowsを追加(出典:ServiceNow Japan)

 Quebecの変化を踏まえ、企業のIT環境におけるServiceNowのサービスの活用イメージを描いたのが図3だ。この図の最大の注目点は、中央のNow Platformが下段に記されている各業務のシステムと連携し、横断するワークフローを提供できる点だ。

Photo 図3 Platform of Platformsの構成図(出典:ServiceNow Japan)

 業務のシステムには、業務ごとにさまざまなベンダーのソフトウェアやサービスを使用しているケースもある。Now Platformはこれらを「ラッピング」するような形で全ての業務をつなげ、全てのデータも柔軟に利用できるようにしている。

 こうしたことから、ServiceNowはNow Platformを「Platform of Platforms」と位置付けられている。ちなみに、図3は以前から同社のサービス概要として使われているが、今回からCreator Workflowsの領域が新たに加わった。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ