ニュース
» 2021年04月09日 07時00分 公開

富士通とパロアルトネットワークス、ゼロトラストネットワークで協業 SASE活用の安全なテレワーク環境を提供

ゼロトラストネットワーク事業で協業した富士通とパロアルトネットワークスは、SASEを活用したセキュアなネットワークサービス「Zero Trust Network powered by Prisma Access from Palo Alto Networks」を提供する。国内外の拠点やモバイルユーザーなどをシームレスに接続し、安全なテレワーク環境の整備を支援する。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 富士通とパロアルトネットワークスは2021年4月7日、日本国内におけるゼロトラストネットワーク事業で協業することに合意したと発表した。

 協業により、ネットワークセキュリティとして注目されている「SASE(Secure Access Service Edge)」に対応するクラウド型ネットワークセキュリティサービス「FUJITSU Managed Infrastructure Service FENICS CloudProtect Zero Trust Network powered by Prisma Access from Palo Alto Networks」(以下、Zero Trust Network)を提供する。

ゼロトラストアプローチのネットワークセキュリティとは

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ