ニュース
» 2021年04月07日 07時30分 公開

日本企業のID管理、導入から“一段上”のレベルへ Oktaが明かす2021年の変化Auth0買収による新戦略も明らかに

企業の間で多要素認証やシングルサインオンが普及する中、これまで従業員のID管理を目的に導入されることが多かったID管理ソフトウェアに“もう一段階進んだニーズ”が生まれつつあるという。主要ベンダーであるOktaが明かした市場の最新動向と、そこに応えようとする同社の戦略とは。

[谷川耕一,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 テレワークやクラウドサービスの普及を背景に、シングルサインオン(SSO)や多要素認証のニーズが広がっている。ID管理SaaS「Okta Identity Cloud」を手掛けるOktaは、早くもSSOや多要素認証を導入した企業が“次”に抱える課題やニーズに応える方向に事業の舵を切りつつある。同社は日本市場にどのような新しいニーズを見出しているのか。

大企業でID管理の導入加速も Oktaがみる2021年の市場トレンドは

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ