ニュース
» 2021年01月12日 07時00分 公開

Okta、国内ソフトウェア開発ベンダー向けにアプリケーション統合プログラムを展開

Oktaは、国内のISV製アプリケーションを同社のビジョンアプリケーションテンプレート群「Okta Integration Network」に統合するプログラムを本格展開する。ISVが、エコシステムに参加することで得られるメリットは。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 クラウド型ID管理基盤「Okta Identity Cloud」を手掛けるOkta Japan(以下、Okta)は2021年1月8日、国内のソフトウェア開発ベンダー(以下、ISV)に向けて「Okta Integration Network」(以下、OIN)への統合を促進するプログラムを本格展開すると発表した。

 OINは、ビジネスアプリケーションをOkta Identity Cloudに連携できる事前統合済みのテンプレート群だ。単一のIDとパスワードで複数のアプリケーションにアクセスできるシングルサインオン(以下、SSO)の設定作業やプロビジョニングを自動化できる。現時点で6500以上のアプリケーションテンプレートを提供する。

OIN統合プログラムの詳細は ISVが得られる3つのメリット

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ