ニュース
» 2021年05月24日 09時00分 公開

2023年までに進む9つの技術トレンド発表 日本企業の“苦手分野”は?デロイトトーマツ「Tech Trends 2021 日本版」

デロイト トーマツが「Tech Trends 2021 日本版」を発表した。基幹システムやSCMのビジネス戦略に合わせたアライン、AIや機械学習などの労働力へのシフト、従業員や顧客への新たなエクスペリエンス提供など、ビジネスに影響を及ぼすテクノロジートレンドを解説している。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 デロイト トーマツは2021年5月20日、今後1年半から2年間にわたってビジネスに影響を及ぼす新たなテクノロジートレンドについて解説した「Tech Trends 2021 日本版」を発表した。

 グローバル版では12回目、日本版では7回目の発行となる今回のレポートは、テーマを「レジリエンス(回復力)」として、今後の企業のビジネス戦略策定で考慮すべきテクノロジートレンドを9つに分けて解説している。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による影響が続く中、ビジネス継続に向けた対応や新たな働き方の模索を進める企業のヒントになるとしている。

9つのテクノロジートレンドを紹介 日本企業の“苦手分野”は

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ