ニュース
» 2021年06月09日 07時00分 公開

東大とIBM、量子コンピュータの研究開発に向けたハードウェアテストセンターを開設

東京大学と日本IBMは、量子コンピュータ技術の研究や開発に向けたハードウェアテストセンター「The University of Tokyo - IBM Quantum Hardware Test Center」を東京大学の浅野キャンパスに開設した。どのような研究開発を進めるのだろうか。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 東京大学と日本IBMは2021年6月7日、量子コンピュータ技術の研究や開発を実施するハードウェアテストセンター「The University of Tokyo - IBM Quantum Hardware Test Center」を東京大学の浅野キャンパスに開設した。

 同テストセンターの開設は、2019年12月に両者が発表したパートナーシップ「Japan - IBM Quantum Partnership」に基づく。同パートナーシップは「量子理論に関するIBMと東京大学の共同研究」と「ソフトウェア開発」「教育」といった3つの分野から成る量子コンピュータの研究や開発に向けた産学連携プログラムの下で成立した。今後は取り組みの一環として、ゲート型商用量子コンピューティングシステム「IBM Quantum System One」を川崎市に設置する予定だ。

量子コンピュータの実用に向けて各種研究開発を推進

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ