ニュース
» 2021年08月19日 15時00分 公開

日本を標的にしたマルバタイジングキャンペーンを確認 偽のWebサイトに注意「水カッパ」の怪

明確に日本を標的にしたマルバタイジングキャンペーンが発見された。今回のキャンペーンを仕掛けた「Water Kappa」と呼ばれる脅威アクターは、正規のWebサイトをコピーした偽のWebサイトを利用しており、一見すると気が付かない可能性がある。

[後藤大地,有限会社オングス]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Trend Microは2021年8月9日(現地時間)、同社のブログで、日本を標的としたマルバタイジング(悪質な広告を使った攻撃)キャンペーンを新たに発見したと伝えた。

 Trend Microによれば、同キャンペーンの背後にいるのは「Water Kappa」と呼ばれる脅威アクターだという。Water Kappaは以前から活動が観測されており、今回のキャンペーンは同脅威アクターの最新の活動とみられる。

Water Kappaによるマルタイジングキャンペーンについて伝えるTrend Microのブログ(出典:Trend MicroのWebサイトから抜粋)

明確に日本を標的としたサイバー攻撃の詳細は?

 Water Kappaは以前、「Internet Explorer」の脆弱(ぜいじゃく)性を利用してマルウェア感染を狙っていた。今回は、無料の日本のアニメポルノゲームやリワードポイントアプリケーション、ビデオストリーミングアプリケーションを偽装してマルウェアへの感染を仕掛けている。現在は、Internet Explorer以外を使った手口試みているものとみられる。マルウェア感染には、正規のWebサイトをコピーした偽のWebサイトが使われており、一見すると気が付かない可能性があり注意が必要だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ