ニュース
» 2021年10月12日 07時00分 公開

コロナ禍でERPパッケージライセンス市場が縮小しない理由DXを追い風に

矢野経済研究所の調査によると、コロナ禍に見舞われた2020年における国内のERPパッケージライセンス市場は前年比1.4%増でほぼ横ばいだった。デジタル庁の発足などに後押しされたDXへの関心の高まりから、2021年以降は回復基調に転じるとみられる。

[田中広美,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 矢野経済研究所は2021年10月11日、基幹業務を統合管理するソフトウェアであるERP(Enterprise Resources Planning:企業資源計画)パッケージライセンスの国内市場調査を発表した。

 同調査は2021年6〜9月、ERPパッケージベンダーを対象に実施した。2020年における国内のERPパッケージライセンス市場の規模はエンドユーザー渡し価格ベースで1201億6000万円と前年比1.4%増で推移している。2017〜2019年の3年間平均と比べて落ち込んだものの、縮小には至らなかった。

DXを追い風に進むERPへの投資

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ