連載
» 2022年01月13日 07時30分 公開

サプライチェーンのデータは「関係各社で共有」が当たり前になる? クラウドが生む新常識Supply Chain Dive

低価格で高機能を備えたクラウド製品が増え、スムーズにデータを共有できるようになり、サプライチェーン基盤のクラウド化が進んでいる。専門家がその先に予想する“新常識”とは。

[Jen A. Miller,Supply Chain Dive]
Supply Chain Dive

 クラウドは依然として流行語のままだ。そこには正当な理由がある。クラウドはあらゆるビジネス、特にサプライチェーン管理の仕組みを大きく変えようとしているのだ。

 北米で物流やサプライチェーンの情報を扱う業界団体のMHIとコンサルティング企業のDeloitteは、年次調査レポート「2021 MHI Annual Industry Report―Innovation Driven Resilience」(イノベーション主導のレジリエンス)で、サプライチェーンのイノベーション向け投資について、全世界のサプライチェーンの専門家1000人以上を対象にした調査を実施した。

加速するサプライチェーン向けクラウド投資 その現状は

 同レポートによれば「サプライチェーンの適応力を高めるために、クラウドやストレージへの投資をある程度(または大幅に)増やしている」と回答した割合は54%だった。

© Industry Dive. All rights reserved.

Digital Native Leaders

注目のテーマ